【簡単!】幼児も楽しめる親子のふれあい遊び7選(ダンス&手遊び)

親子のふれあい 【子育てネタ】
スポンサーリンク

みなさんは、幼児が親子で楽しめるふれあい遊びを探すことってありませんか?

保育士
保育士

「運動会や保育参観で行う時に、いい遊びないかな?」って迷うことありますよね。

この記事を読むと…

幼児が楽しめるふれあい遊びが分かる。

ちゃたろ~
ちゃたろ~

【この記事の筆者】

  • 10年以上、幼児の保育を経験する現役保育士
  • 娘と息子を持つ2児の父親

実際に保育で経験したことを発信します。

スポンサーリンク

幼児が楽しめるふれあい遊び7選

ここでは、私が実践したものを中心に、その場ですぐできて、分かりものを紹介します。

遊びの紹介とともに、遊びのポイントや楽しいアレンジもお伝えするので、気になるものがあったらチェックしてみてください。

おとなこうえん

  • 大人が遊具に変身!!親子のふれあいダンス。
  • 歌は3番まであり、1番ごとにブランコ、鉄棒など遊具が変わる。
  • 可愛く、元気なメロディが特徴。
  • 3分弱の短い曲なので「初めにお試し、次に本番!」など、2回するとちょうど良い。

子供を抱っこして揺らしたり、ぶらさがれるようにしたりと少し力がいりますが、子供たちはとっても喜んでいました。

かみなりどんがやってきた

ふれあいを加えた楽しい手遊び。かみなりどんにとられないように、歌の最後に保育士が言った場所(おへそやおでこなど)を隠します。

  • 自分のではなく、ペアの人のものを隠すようにして遊ぶ。
  • 「早く抑えて!」と慌てたり、遊びの中でおもしろいポーズになったりするのが楽しいポイント。
  • 隠す場所を複数にするとさらに盛り上がって楽しめる。

保育士が前で歌いながら進行してもいいですし、曲のCDを流して、体の部分だけマイクで言う形で進めても良いでしょう♪

※進めやすいCDはこれ。詳細はブログか概要欄をご覧ください。

わらウんだWAっ!

踊り方の一例です。

楽しい曲調が特徴のダンス。

  • 簡単な振り付けなので、真似しやすい。
  • 子供を抱っこするなど、力がいる要素はなく、「手を繋いで回る」「ハイタッチ」するなど誰でも参加しやすい所がポイント。
  • 曲のテンポがゆっくりめなので、踊りやすい。

バスにのって

おかあさんといっしょでおなじみのふれあい遊び。

  • 外では、大きなフープの車に乗り、室内では、おうちの人の膝に乗って遊ぶ。
  • みんなで「♪ゴーゴー!」と声を出すと盛り上がる。

右や左に曲がる以外にも、「大きなバナナがあります」といって滑って回ったりとアレンジを加えると、楽しいです♪

げんきタッチ!

曲に合わせてペアでタッチする遊び。

  • いろいろなポーズでタッチするので、おもしろい!
  • 曲が早めなので、少しテンポを落とすとちょうど良い。
  • タッチした後に、「イェイ!」と声を出すようにすると盛り上がる。

曲を流す前に、歌の簡単な説明をするとスムーズにできるでしょう。

司会をする場合、歌だけでは聞き取りづらいこともあるので、とくに動物になりきる所は「○○になってください。」と案内するとしっかり伝わりました。

ひっつきもっつき

  • 歌に合わせて、体と体をぺったんこする遊び。
  • ゆっくたりしたリズムなので、すごく分かりやすい所がポイント。
  • アレンジもしやすいので、体のいろいろな所をひっつけて遊べるようにナレーションを入れたら楽しめる。

ひっつける場所を「かかと」や「ひじとひざ」など難しくすると親子で考えを出し合ったり、面白ポーズになったりしていました。

お寺の和尚さん

最後にジャンケンをする手遊びです。

ジャンケンの後にナレーションで、「では、勝った人は負けた人をこそばしましょう!」「負けた人に残念だったねと肩を叩いてあげましょう!」など触れ合える要素をいれると楽しい雰囲気が広がっていました。

ジャンケンも親子の楽しい関わりになっていてステキでしたよ。

まとめ

いかがでしたか?

幼児が楽しめるふれあい遊び7選
  1. おとなこうえん
  2. かみなりどんがやってきた
  3. わらウんだWAっ!
  4. バスにのって
  5. げんきタッチ!
  6. ひっつきもっつき
  7. お寺の和尚さん

前で司会をしていると、子供たちがおうちの人と嬉しそうに遊ぶ笑顔が目立ちました。

また、おうちの人からは、「子供の成長を実感する機会になった」といった声を聞くことが多いです。

みんなにとっていい思い出になればステキですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました