春の陽気な歌7選!(歌付き)ベテラン保育士が歌いやすい曲を紹介

春の歌 【保育ネタ】
スポンサーリンク

「新年度、今年の春はどんな歌を歌おうかな!」と考えることはありませんか?

いろいろな歌があるので、迷いますよね。

この記事で分かること

保育におすすめの子どもが歌いやすい春の歌 7曲

ちゃたろ~
ちゃたろ~

【この記事の筆者】

  • 10年以上、幼児の保育を経験する現役保育士
  • 娘と息子を持つ2児の父親

実際に保育で経験したことを発信します。

※動画では、ピアノ伴奏を含めた曲紹介が聴けます。

スポンサーリンク

春の陽気な歌7選

曲紹介とともに『歌のポイント』として私が実践して感じたことも合わせてお伝えします。

「この歌いいかも!」という曲があれば子どもたちと歌ってみてください。

(1)ポンポンポンと春が来た

作詞: 梢光 作曲:迫新一郎

歌のポイント
  • 手拍子など簡単な振り付けを楽しみながら歌える1曲。

(歌詞のポンポンポンで手を叩き、キラキラは頭の上から手首を動かしながら下ろすなど。)

  • 「芽」「つくし」「もぐら」など春を想像させる歌詞がステキ。
  • 繰り返しのフレーズが多いので、歌は覚えやすい。 

(2)春がきたんだ

作詞: ともろぎゆきお 作曲:峯陽

歌のポイント
  • 歌いやすいリズミカルなメロディの1曲。
  • 「風」や「生き物」が登場する可愛いフレーズの歌詞から、春の雰囲気を十分に味わえる。
  • 歌は2番までで覚えやすく子ども達の可愛さが引き立つ歌です。

(3)みどりのマーチ

作詞:井出隆夫 作曲:高井達雄

歌のポイント
  • リズミカルで、爽やかなメロディの1曲。
  • 覚えやすい歌詞もおすすめ。

子ども達は曲のテンポが変わるところも楽しんでいました。

(4)ピクニック・マーチ

作詞:井出隆夫 作曲:越部信義

歌のポイント
  • 歌いやすいリズムがおすすめの1曲。
  • 「右足さんよろしくね」「歩けば大きく強くなる」など可愛くて、前向きな歌詞がステキ。
  • イメージがしやすい歌詞なので、すぐに歌えるようになる。

(5)ジグザグおさんぽ

作詞:高見映 作曲:越部信義

歌のポイント
  • 明るい曲調で心がはずむ1曲。
  • 身近な言葉が歌詞になっているので覚えやすい。
  • 歌の後半は「シャララ~」などメロディを口にできるので、楽しい。

3番は少し難しいので、2番までにするのも1つですね。

(6)めだかのがっこう

作詞:茶木滋 作曲:中田喜直

歌のポイント
  • ゆったりしたメロディの1曲。
  • どの年齢にもおすすめ。
  • 3番まである歌の中、穏やかな雰囲気が広がり、子ども達の心も落ち着く。

川の中の様子(めだかの世界)を想像しながら歌うと楽しいですね。

(7)春がきた

作詞:髙野 辰之 作曲:岡野貞一

歌のポイント
  • 優しいメロディの童謡。
  • 景色が浮かぶ歌詞から春の訪れを楽しめる。
  • 短い歌のため、歌いやすい。

おまけ:ホ!ホ!ホ!

作詞:伊藤アキラ 作曲:越部信義

歌のポイント
  • 明るく元気な曲調がおすすめの1曲。
  • 繰り返しのフレーズが多いので、覚えやすい。
  • 4歳児、5歳児クラスにおすすめ。歌い応えあり‼

進級してワクワクする気持ちを盛り上げてくれるでしょう。

春を感じながら楽しく歌おう

いかがでしたか?

子どもが歌いやすい春の歌 7選
  1. ポンポンポンと春が来た
  2. 春がきたんだ
  3. みどりのマーチ
  4. ピクニック・マーチ
  5. ジグザグおさんぽ
  6. めだかのがっこう
  7. 春がきた

おまけ:ホ!ホ!ホ!

春は、年度の始まりです。

ぽかぽか陽気の中、進級して張り切る子どももいれば、環境が変わり少し不安を感じている子どももいるでしょう。

私たち職員も「どんな一年になるんだろう。」とドキドキですよね。

春を感じながら歌う中で、子ども達が落ち着いて活動できたらいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました