【ベテラン保育士のすすめ】保育の仕事が辛い、辞めたいと悩む方への解決策 5選

クローバー イラスト 【会話・仕事術】
スポンサーリンク

「仕事に行きたくない。」

「別の仕事の方が自分に向いているように思う。」

「何をしていいか分からない。」

こんな悩みを持っていませんか?

ちゃたろ~
ちゃたろ~

私も胃が痛いほど、辛い時期が何度かありました。

この記事を読むと・・・
  • 悩んだ時のおすすめの解決策5選が分かる
  • 一歩踏み出せる勇気が持てる
ちゃたろ~
ちゃたろ~

【この記事の筆者】

  • 10年以上、保育現場で働く現役保育士
  • 過去に職場で過敏性腸症候群になる

保育や自身の実体験をもとに発信します。

スポンサーリンク

A4の紙に思いを書き出す

まず、[何が嫌なのか][何に悩んでいるのか]を紙に手書きで書いてみましょう。

熟語でも短文でも構いません。

1つ書いたら、それに対して何でそう感じるのかといった理由できる対策や考えを続けて書き出していきます。

綺麗な文や構成である必要はありません。

とにかく、モヤモヤする思いを表面に出していきます。

書くことで自分の心と話すことができて、頭の中が整理されたり何をしたらいいかが見えたりしてくることがあるので、一度試してみてください。

メモ

気を許せる人に相談する

大げさな話ですが、人が自らの命を絶ってしまう時は1人の時が殆どだと聞いたことがあります。仕事から離れている時も、1人でいると、ついつい嫌なことを思い出して、抜け出せなくなってしまう経験をしたことはありませんか?そこで、悩んだ時は迷わず人に相談です。「相談なんて申し訳ない」なんて思わないでください。

ちゃたろ~
ちゃたろ~

親しい人が何も言ってくれず、悩み続けていることの方が私だったら嫌です。力になりたいと思います。

友人や家族に話を聞いてもらうことで、悩み解決のヒントやアドバイス、さらに具体的なアクションプランまで飛び出すかもしれません。

可能ならば、2人~3人以上の人から意見をもらうことをおすすめします。視野を広げることにもなりますし、同じアドバイスがあったとしたら聞き入れるべき大切な意見と考えられます。

ここで大切なのは、相談した後に「〇〇さんが言うから・・・」と他人の意見で動くのではなく、最終は自分の意見として持つようにしてください。

力を持っている人と面談する

ここで言う、「力」というのはあなたの悩みを直接的に解決してくれる可能性が高い人になります。

例えば、(同僚の発言や行動に悩んでいる)なら(所属長、もしくは管理職)

(管理職が悩みの根源)なら(その上の人事課などの組織)もしくは(組合)

注意点が2つ。1つは、漠然とした悩みでは相手も理解が難しいと思うので、困っている事実や出来事を整理して伝えましょう。そのために、1つ目〖紙に書き出す〗をしているとまとまったものを伝えることができます。2つ目は、自分の話を真剣に聞いてくれる人を選びましょう。立場上、話だけ聞いてうやむやにするといったことは、現実に起こっていますのでご注意ください。

筋トレをする

うたが牛
うたが牛

冗談はやめてください・・・

ちゃたろ~
ちゃたろ~

超本気です。筋トレにをすることによって分泌されるテストステロンセロトニンといったホルモンが関与している可能性があると言われています。〖参考文献:超筋トレが最強のソリューションである〗

ウダウダ考える自分、くよくよ悩む自分が顔を出したら「筋トレスタート!腕立て、腹筋!!」人間の脳は肉体的な痛みの方が気になる性質があるので、筋肉痛と筋トレの達成感で悩みは確実に小さくなります。そして反対に、自分に自信がついてきます。

事例紹介です。Aさんは職場で上司のパワハラに悩まされていました。そこで、筋トレで体を鍛えはじめます。すると、ある日「あれ?私、本気になれば上司なんて倒せるんじゃね??」なんて考えが浮かぶようになりました。この時から、精神的に上に立つことができ、自分の行動も変化していき、最終的に悩みは解決しました。

圧倒

自分を責めない

気持ちが病み始めた時、上手くいかない時によくあるのは、全て自分が悪いと思ってしまうことです。自分を必要以上に責めて追い込んでしまっていませんか??ここで注意してほしいことは、周りがどう思っているか評価されるかといった自分がコントロールできないことまで、責任を感じてはいけません。

私の経験になりますが、力を発揮できる環境は人それぞれです。前の職場では、みんなの称賛を得ていた行動や考え方が、場所や人が変われば、全く評価されませんでした。しかし、その逆もあり得ました。つまり、自分の感覚と合わないならば、活躍できる場に移るのも1つでしょう。輝ける場所は、必ずあります✨

まとめ

仕事が辛く、苦しい時に絶対にすべきこと5選でした。

〖A4の紙に書き出す〗〖気を許せる人に相談する〗〖力を持っている人と面談する〗〖筋トレをする〗〖自分を責めない〗です。最後に、この記事を書くにあたって自身の経験と願いを添えてしめさせていただきます。

私の場合・・・

ちゃたろ~
ちゃたろ~

興味がある方だけご覧ください。

私は、異動した職場が合わず、絶望しました。信じられる上司がおらず、本音で話せる人がごく僅かで、指導にも納得がいかず、保育のおもしろさを感じなくなりました。

ストレスで、視力が落ちていきます。

そして、退職を考え組織に意思を伝えます。

転職を考え、転職エージェントを3社登録し、企業面接の手前まで進んでいました。

そんな中、偶然、保育関係者のある人にその時の現状を話す機会を迎えたことがきっかけになり、環境が変わり、再び保育のおもしろさや楽しさを思い出し、今に至ります。

助けていただいた方には感謝しきれません✨

今度は自分が誰かのためになる、何かができたら良いなと感じています。

ご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

  1. ごゆ より:

    いつも楽しく読ませていただいてます。
    実体験に基づくお話心に刺さりました。個人的に筋トレのくだりが思いがけない発想で面白かったです!

    • ちゃたろ~ kochaki より:

      ごゆさん いつも見ていただきありがとうございます✨
      筋トレですが、私も実践してみました。確かに清々しい気持ちになります。
      そして、筋肉痛がまた良くて悩みをぼかすと言いますか、いい感じに気をそらす効果も実感しました。
      良ければやってみてください🎵
      コメントありがとうございました✨✨

タイトルとURLをコピーしました